03-3964-8031

「それでも買うの!?」危惧される“にわか不動産投資家” &2月の中古マンション市場動向

ic

3.11 あれから6年
東日本大震災で犠牲になられた方々へ追悼の意を表します。今なお、多くの方々が避難され不自由な生活を強いられております。被災地の一日も早い復興を祈念しております。

不動産投資ブームの昨今、不動産業界からも金融業界からも
「本当にこの一棟売アパート買うの・・・!?」
「駅からも遠いし、空室もあるし買ってどうするの!?大丈夫!?」
「それでも買うの!?」
と、危惧されるアマチュア不動産投資家さんが多いようです。

40代で年収1,000万円以上、上場系会社勤務・公務員などいわゆる属性の良いサラリーマンの方々で不動産投資は、ズブの素人

郊外物件や最寄駅から徒歩10分以上で空室が目立つアパート
管理会社や不動産業者が“サジを投げているアパート”を自分でローン付けしてまで買ってゆく、“にわか不動産投資家さん”が多いようです。

「失敗は成功の母」とも言われますが、不動産投資ブームに乗って、素人の“にわか不動産投資”は怖くて見ていられませんよね(笑)

金融機関も最寄駅から徒歩10分以上だったり、僻地の物件は、特に査定評価の掛け目を厳しくし始めたようです。10年後、20年後の人口構成、経済情勢をよく考えて、投資判断してほしいものですよね。

話は変わって、首都圏中古マンションの2月度、月齢速報Market Watchサマリーレポートが東日本不動産流通機構から発表されました。

  • 成約件数 前年比2.2%減少 3,461件
  • 成約m2単価 前年比4.6%上昇 49.29万円/m2
  • 成約価格 前年比3.5%上昇 3,152万円

(2013年1月から50ヶ月連続で前年同月を上回っている。)

2月の首都圏の中古マンション成約m2単価は
49.29万円/m2 前年比4.6%上昇
前月比マイナス0.1%下落
東京都区部
71.4万円 前年比5.4%上昇
12年10月から53ヶ月連続で前年同月比を上回った
多摩
39.2万円/m2 前年比マイナス0.2%下落
1月に続いて前年同月比を下回った
神奈川県
横浜川崎46.1万円/m2 前年比3.9%上昇
他のエリア28.9万円/m2 前年比5.8%下落
埼玉県
30.5万円/m2 前年比1.8%上昇 15ヶ月連続で上回っている
千葉県
26.7万円/m2 前年比1.5%下落
11ヶ月ぶりに前年同月比を下回った。

高値止まりの新築マンションを様子見している消費者が、新築マンションを見送り、立地条件の良いリノベ中古マンションを購入しているようですね。
成約m2単価も下落傾向になり始めていますよね。

不動産投資も、マイホームも、しっかりと将来の人生設計を考えて、あくまでも自己責任の下で決めましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です