03-3964-8031

2019年 不動産市場の展望

ic

毎年のことながら年の瀬になると一年の速さを痛感します。
今年は天候が不順で全国的に自然災害の多い年でしたね。
世界的に温暖化が問題になっており、
天候変動の影響が大きくなってきているようです。
特に今夏の連日の猛暑日には参りましたね。

2019年は自然災害の少ない
平穏な年になってもらいたいものです。

西暦2019年 皇紀2679年 亥年

2019年はどんな年になるのでしょう !?

新元号 2109年4月~5月

2019年4月1日以降、政府は皇太子殿下が新天皇に即位される5月1日に向け、新元号を発表する方針です。
どんな新元号になるのか楽しみですね。

平成天皇の退位日は、平成31年4月30日となっています。
それに伴って10連休という会社も多いようです。

新元号にあやかった名前の社名、学校名、商品名、等も登場することでしょう。

HARUMI FLAG 2019年5月下旬 モデルルーム公開 販売開始予定

東京オリンピック選手村跡地の大規模再開発事業

HARUMI FLAG 販売サイトより引用

大手不動産会社(三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、野村不動産、住友不動産、住友商事、東急不動産、東京建物、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、大和ハウス工業)の共同事業で、販売サイトはすでにオープンしています。住宅総戸数5,632戸で分譲戸数は4,145戸のビッグスケールです。

2019年最大の注目物件となり、その売行きが2019年度の不動産市況のバロメーターとなることでしょう。

今のうちから、 “不動産関係者がこぞって申込するだろう” と言われている程、前人気の高い物件のようです。

消費税増税 2019年10月1日から

消費税が8%から10%に引き上げられます。
住宅を購入する時の消費税率は、物件の引き渡し日の税率が適用されます。

今回の消費税引き上げに関しては、

◆税率が10%になる半年前、つまり、2019年3月31日までに契約したものであれば、引き渡し時期にかかわらず消費税率は8%のまま 据え置かれる経過措置が取られます。

ですから、2019年3月31日までに契約するか、それ以降であっても、2019年9月30日までに物件の引き渡しを受ければ、消費税率は8%が適用されます。

マイホーム購入を思案していた人達のへの決断の後押しになるでしょう。

不動産市況では、2020年東京オリンピック開催前には、外国人投資家の高値売り逃げが始まり、不動産価格は下落するだろうと予測する見方もあるようですが、住宅ローン控除の拡大や活発な再開発事業を見ると、まだまだ不動産市場の好景気は続きそうですね。

~ 2019年がより良き年となりますように ~

年末年始休暇のお知らせ

弊社は誠に勝手ながら、12月29日(土)から1月6日(日)まで年末年始休暇とさせて頂きます。

1月7日(月)からは平常通り営業致しますので宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です