03-3964-8031

不動産投資に不可欠な “収益物件のハザードマップチェック”

「天高く馬肥ゆる秋」
青く澄み渡る秋の空と収穫の季節です。

がっ、
今年は大型台風15号~19号の上陸により
想定外の甚大な被害出ています。

= 台風によりお亡くなりになられた方々のご冥福と、
  被災された方々の一日も早い復旧復興を祈念しております =

首都圏で比較的に被害が少なかったのには、
「地下神殿」と呼ばれる『首都圏外郭放水路』がフル活動して功を奏したようです。

『首都圏外郭放水路』

全体構成図「地下神殿」

引用元:国土交通省江戸川河川時事務所HP

首都圏外郭放水路は洪水を防ぐために建設された世界最大級の地下放水路だそうです。

首都圏外郭放水路の完成によって周辺地域で浸水する家屋の戸数や面積が
大幅に減り、流域の被害を大きく軽減しているそうです。

台風19号の大雨洪水を受け止めた地下神殿、
首都圏外郭放水路が首都圏の多くの街を守っていてくれました。

台風19号による多摩川氾濫では、
二子多摩川や武蔵小杉でも大規模冠水となり想定外の被害が出たようです。

マイホーム選びもそうですが、
不動産投資家にとって収益物件選びには “ハザードマップチェック” が不可欠です。

ハザードマップとは、台風や大雨等の自然災害による被害を予測し、
その被害範囲を地図化したものです。

弊社の保有収益物件の多い板橋区のハザードマップ

引用元:板橋区役所HP

黄色(床下)~水色(濃い部分程浸水深が高い)が浸水の予測される地域です。

ご自分の住んでいる市区町村のホームページから、
自分の街のハザードマップがチェックできます。
この際、是非ご自分の街のハザードマップをチェックして
いざという時のために避難先・避難場所を確認しておきたいですね。

地球温暖化による海水温の上昇、
亜熱帯気候化している日本列島、
これから、ますます予期できぬ自然災害が考えられます。

マイホーム選びも、収益物件選びも、
ハザードマップのチェックを欠かさないよう心掛けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です